やんちゃ日記

riri.exblog.jp ブログトップ

11/3 セラピードッグ訓練会


以前makipikaさんが参加してとても勉強になったというセラピードッグ訓練会
一般の家庭犬も参加させてもらえるというので、りり&オーパスも参加させていただきました。


盲導犬などは日本でもすっかり認知度も高くなってきましたが
セラピードッグに関しては、耳にしたことがる程度の方が多いのではないでしょうか。
私もそんなひとりです。


セラピードッグは老人施設や病院、障害者施設、児童施設の現場などで
高齢者の皆さんや障害者の皆さんと触れ合い、症状に合せたセラピー活動を行っています。




会場には犬種も様々な大勢のワン達が既に集まっていました。

どんなに大きなワンちゃんでも物怖じせず挨拶にいき遊ぼう攻撃をしていたオーパスですが
最近はすっかり臆病になってしまい大型犬には近づかなくなってしまっています。
また、元のオーパスに戻らないかしら~・・・かすかな期待を胸に会場へ。

a0007906_19382695.jpg
「きょうは おべんきょうでしゅ」




偶然にもお隣は大型犬、ダルメシアンのドルチェちゃん。

a0007906_19383695.jpg
早速挨拶をすませ、なかなかいい感じです。




国際セラピードッグ協会の代表を務めていらっしゃる大木先生のお話をうかがったあと
セラピードッグが入場しデモンストレーション。

a0007906_19384547.jpg



このセラピードッグたち、捨て犬で殺処分寸前だったそうです。
皆首輪がついていたというこの子たち。
飼い主たちはいったいどんな理由でこの子たちを見捨てたのでしょうか・・・。

そんな子達が身体の不自由な方やお年寄りの手助けをしているのですから皮肉です。








a0007906_193983.jpg
セラピードッグ協会ではコマンドは全て英語。
日本語のイントネーションに比べると犬にとって聞きやすく理解しやすのだそう。


我が家では基本的にコマンドは日本語。
オーパスを迎える際に家族会議(笑)開いて
コマンドは英語にするか日本語にするか話し合ったのですが
ダーリンのたっての希望により日本語に。
(仕事では英語を使っているのにね(笑))





一番心配だった点。
セラピードッグをすることによって犬に負担がかかりストレスになるのではないか。

確かにたくさんの訓練を受け、セラピー中はきちんとコマンドを守らなければいけませんが
家庭犬に比べると褒めてもらえる回数も数倍。
お仕事を与えてもらい、それをこなした充実感と褒めてもらった喜びは計り知れないとのこと。

デモンストレーションに登場した犬たちを見ると、それは一目瞭然。
どのワンちゃんも澄み切った瞳でとても穏やかな表情なのです。


さあ、オーパス、どうしようか!?


[PR]
by riri00_ta | 2007-11-03 00:00 | 成長
line

2005年10月9日生まれ       いくつになっても           甘えん坊なやんちゃ坊主            トイ・プードル オーパスとの           何気ない毎日


by riri00_ta
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31