やんちゃ日記

riri.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:お出かけ( 313 )

8/8 そうだ、北海道に行こう! <epilogue>


猛暑も一段落でしょうか?清々しい目覚め。
行きと同じ部屋だった事もあってか、オーパスも寛ぎモードで昨晩も爆睡。

a0007906_13335443.jpg
お散歩も楽しそう♪

a0007906_1334245.jpg
オーパス、カリカリの朝ごはんだよ。





私達も美味しい朝食をいただきチェックアウト。
そして、ひたすら東北道を走り鎌倉を目指し帰路につきました。







今回の旅行で一番心配だったオーパスの体調ですが
何でもよく食べ、よく眠り、よく歩き、よく遊び、元気に9日間を過ごす事ができました。



a0007906_14245759.jpg
体調はいたって良く、日々と変わりなく健康(笑)な便も出ていました。



中4日間のキャンプ生活では、大きな予定は入れず、当日オーパスの様子を見ながら決めました。
ワン連れ旅行だと、グルメに走る事もできず、行動もかなり制限されてしまいますが

a0007906_1425980.jpg
最高の笑顔と

a0007906_14252086.jpg
眠たそうな顔に、怒った顔
ビックリした顔に退屈そうな顔、アヘ~な顔に美味しい顔
たくさんの表情を見せてくれました。

そんなオーパスと毎日一緒に過ごす事が出来ただけでも私達は大・大・大満足。





a0007906_1334935.jpg





東北道をひたすら走り、フェリーで津軽海峡を渡って楽しんだ北海道周遊の旅。

ニセコ、支笏湖、富良野、美瑛、小樽、函館
それぞれの街がそれぞれに魅力的で沢山の思いでができました。

旅行中から「またこの街に来たいね、今度はあそこにも行ってみたいね」
なんて会話を交わしていた私達。





a0007906_1561371.jpg
もう既に次回の北海道旅行へと思いをはせているtomo&りりです。

[PR]
by riri00_ta | 2010-08-17 22:40 | お出かけ

8/7 そうだ、北海道に行こう! <vol.7>


ゆっくりお宿周辺のお散歩したりもしたかったのですが
本当にごめんなさい、早々にチェックアウトをすませ帰路に。







想像はしていたけれど9日間なんてあっという間。
もう北海道ともお別れです(ため息)






a0007906_1326779.jpg
普段見慣れている湘南の海とは違うオホーツクの海。

a0007906_13261919.jpg
内浦湾沿いにある函館本線の駅。
北海道初日に通った際、妙に心に残っていた町。
帰りも同じ道を通ったので激写。

今回の旅行では、滞在した先々の景色は勿論の事
こうした何気ない車窓から見える景色も心にやきつく大切な思い出となりました。





函館に到着。
期待に胸をふくらませ上陸した1週間前がつい昨日の様に感じられます。






a0007906_1327327.jpg
ランチは、ご当地ハンバーガー、ラッキーピエロを車中でいただきました。
tomoはこういうB級グルメ?を見つけ出す天才です。
これがまた美味しくて関東にも進出してくればいいのに~なんて思ってしまいました。





a0007906_13271584.jpg
a0007906_13272963.jpg
フェリーの時間まで時間があったので明治の香りが漂う赤煉瓦倉庫群をお散歩。
倉庫の中がレストランやお店になっていてなかなか楽しいエリアです。

オーパスはほとんどの場所が中に入るのはNGでしたが、お散歩だけでも楽しいです。






a0007906_13273970.jpg
a0007906_13275551.jpg
帰りの海峡越えも行きと同じ津軽海峡フェリーのブルードルフィン

a0007906_132895.jpg
函館発5時30分、青森到着予定9時10分。
ちょっぴり出発時間が遅いのがたまに傷かしら…。

a0007906_1328232.jpg
函館で購入したハセガワストアのやきとり弁当
これもまたtomoが見つけてきたご当地B級グルメ、美味しかったです♪

a0007906_13283655.jpg
オーパス、おやすみ♪


この日のドッグルームの利用者は3組。
1組はケージの中にワンちゃんを入れ船内のどこかで過ごされていた様ですが
私達ともう1組はワンと一緒にドッグルームで過ごしていました。


a0007906_13284876.jpg
青森に到着。







東北道を2時間程走らせて

a0007906_1329850.jpg
深夜になってしまいましたが、行きにお世話になったむっていに到着。
露天風呂に入って1日の疲れを癒し就寝。

[PR]
by riri00_ta | 2010-08-17 09:26 | お出かけ

8/6 そうだ、北海道に行こう! <vol.6>


a0007906_13203894.jpg
a0007906_13205161.jpg
早朝散歩を楽しんだ後、テントの撤収作業、この景色ともお別れです。






次なる目的地は小樽。
この小樽の地がオーパス家にとって今回の旅行最大の悲劇の地となりました(笑)






小樽に到着!ちょっと早めだったけれどランチタイム。

a0007906_13222020.jpg
せっかく北海道に来たのだからと北の漁場の小樽運河店へ。

オーパス、一角にあるテントの中のお食事処OKです。

tomoは海鮮たっぷりなヤン衆丼、りりはいくら&かに好きなのでオホーツク丼。
今回の旅行では、あまり海鮮にご縁がなかったので大満足♪



さて、さて、オーパス家の悲劇の始まりはここから。
なんとこの日、北海道3年ぶりの驚く様な猛暑だったのです。
日本全国猛暑だったようですが、この日の北海道は沖縄よりも暑かったとか…。



a0007906_13223392.jpg
クーラーが効いている北一硝子内は、オーパス、抱っこバック顔出しOKだったので
楽しくショッピングをする事ができましたが

a0007906_13224378.jpg
「暑いですぅぅぅ…」
勿論、外ではオーパスを歩かせるわけにもいかず

a0007906_1323655.jpg
水を飲む量も尋常ではなかったので

a0007906_13232432.jpg
a0007906_132355100.jpg
一応、お決まりの小樽運河をチラッと見物し

a0007906_13241270.jpg
「あへっ~~~」
本日のお宿へ涼を求め向かったのでした。






a0007906_13244147.jpg
小樽運河から車で15分くらいのところにあるパインハウス
高台にある眺めの素晴らしいお宿です。


がっ~、なんといってもこの日は記録的な猛暑。
しかも、普段は涼しいこの地方、お宿の部屋に冷房がないっ!
ごめんなさい、あまりのショックで放心状態のりり

茫然とするりりに追い打ちをかける様な熱帯夜(涙)、もうthe我慢大会です。
この日ばかりは我が家のクーラーがんがんの部屋が恋しくなりました(苦笑)


感じもよく、お料理も美味しかったのですが
何せ暑いという記憶しかありません。
写真もありません。

[PR]
by riri00_ta | 2010-08-16 11:57 | お出かけ

8/5 そうだ、北海道に行こう! <vol.5>


a0007906_11565128.jpg
テントサイトを自由に行きかう羊たち。
毎朝、柵から放たれ遊牧されています。

a0007906_11575763.jpg
そんな羊たちに興味津津。
お得意のお尻クネクネのゴロンゴロンでご挨拶のオーパス。




先日のハチ攻撃に続きりりを襲った災難。
今度は足を集中的に10か所近くブヨに刺されてしまいました。

a0007906_11583126.jpg
そして、オーパスのお腹にもそれらしき跡が(滝汗)

キャンプ場のスタッフの方の話では
人間用のかゆみ止めの軟膏も結構効くという事だったので
試しに塗ってみて1日様子をみてみる事にしました。

おかげ様でオーパスの赤みは翌日にはすっかり消えてよくなりました。







a0007906_11584871.jpg

a0007906_11585884.jpg
街道沿いの駐車場に車を停めて10分程歩いて奥に進むと…

a0007906_1159125.jpg
a0007906_11592451.jpg
どうしても行ってみたかった神秘の池、青い池です。

簡単に言うと、十勝岳から染み出てくる温泉成分の含まれた湧水と川の水が混ざり
その成分に太陽光がぶつかり青く見えるらしいんです。

こんなに綺麗なコバルトブルー、見た事がありません。
これが自然の成せる業かと思うと感動です。

a0007906_11593285.jpg
近くに流れる川もコバルトブルー。

a0007906_11594557.jpg
そして、ところどころに秋の気配が…。






a0007906_11595777.jpg
a0007906_120910.jpg
a0007906_1202174.jpg
大きく深呼吸、美瑛の丘陵が織りなす景色にもため息が出ちゃいます。







同じく美瑛にある四季彩の丘。

a0007906_1205893.jpg

a0007906_1245631.jpg
トラクターバスに乗って園内めぐり。

a0007906_1211343.jpg
あたりを見回せば見事なお花畑、ふと見上げればパッチワークな丘陵の景色。

a0007906_1212462.jpg
ご当地グルメ、コロッケにラベンダーソフトも食べちゃったりなんかして。






ランチは富良野に戻って

a0007906_1213265.jpg
富良野では有名なカレー屋さん、唯我独尊で。

ちょっと吉祥寺が思い出される雰囲気で
さすが人気店なだけあってと~っても美味しかったです。

私達はタイミングよくちょっと待っただけで入れましたが
その後は長蛇の列になっていました。

a0007906_1214012.jpg
テラス席と言っても空き地にテーブルとイスを置いた様なところですがオーパスOK。
並んで待っている人たちに愛想を振りまいていました(苦笑)







もしかしたら間に合うかもしれないと微かな期待もあったのですが
残念ながらラベンダーの時期は終了。
a0007906_1214828.jpg

ラベンダーの時期は終わってしまっているのですが
一応ラベンダー畑で有名なファーム富田にも行ってみました。







a0007906_121555.jpg
キャンプ場近くの温泉に交代で入りました。
地元密着な、おばあちゃま達の社交場の様な素朴な温泉、結構好きです。






a0007906_122357.jpg
夕ご飯はキャンプ場でジンギスカン。
tomoがジンギスカン用の鍋を買って帰りたいとまでいうくらいの美味しさ。
勿論、鍋購入は却下です!



a0007906_1221129.jpg
ラベルの可愛らしさに買ってしまったご当地ワインが今晩のお供。

a0007906_1222779.jpg
今日はちょっぴり夜更かしです♪
(とはいえども10時には眠ってしまいましたが…)

だってね、このキャンプ場のこだわりのひとつの星空が綺麗だったから。
星が綺麗に見られる様にと、外灯が全くないキャンプ場なんです。

昨日はあいにくの曇り空で星空を拝む事ができなったけれど今日はバッチリ。

本当に手を伸ばせば星に手がとどきそうでした♪

[PR]
by riri00_ta | 2010-08-15 22:05 | お出かけ

8/4 そうだ、北海道に行こう! <vol.4>


雄大な自然に包まれた支笏湖に別れを告げ、次なる目的地、富良野へ。

a0007906_15452327.jpg
富良野といえば「北の国から」な世代の私達。
思いのほか早く富良野に着く事ができたので資料館に行ってみました。
オーパス、抱っこでOKです。





a0007906_15453247.jpg
目の前に雄大な景色が広がる、富良野のはずれの丘の上にある


a0007906_15454210.jpg
ジンギスカンをいただく事が出来る「ひつじの丘」です。

tomoはうるさいくらいにジンギスカンを楽しみにしていました。
美味しくて、美味しくて、美味しくて、あまりの美味しさに2日連続食べる事となりました。



本日は、こちら「ひつじの丘」に隣接されている

a0007906_15455166.jpg
「星に手のとどく丘キャンプ場」でお泊りです。

a0007906_1546265.jpg
オーナーのこだわりが随所に感じられるキャンプ場。
ラベンダーの季節は既に終わっている富良野でしたが、まだキャンプ場には残っていました。

a0007906_15461788.jpg
a0007906_1546348.jpg
今回の旅で一番心配だったのはオーパスの体力。
長期にわたる旅行で大丈夫かしら?と心配していたのですが
どこに行っても楽しそうに遊ぶ姿に、ホッと一安心、夫婦揃ってニッコリです♪





さっさとテントの設営をすませ

a0007906_15464451.jpg
どこまでも延々と続く道を走り抜け麓郷の森へ。

a0007906_15465393.jpg
「北の国から」ゆかりの家が点在している地域です。
車の中で「北の国から」のテーマソングを絶叫するりりに呆れ顔のtomo&オーパス。

オーパスには私達にお付き合いいただいたのですが
お散歩気分でそれなりに(笑)楽しそうでした。





a0007906_154763.jpg
ちょっとだけtomo&オーパスには待っていてもらい、今晩用にチーズをゲット。





a0007906_15471850.jpg
a0007906_15472995.jpg
沈みゆく夕陽をぼんやりと眺めながら富良野ワインを。

[PR]
by riri00_ta | 2010-08-14 18:44 | お出かけ

8/3 そうだ、北海道に行こう! <vol.3>


a0007906_14353376.jpg
a0007906_14354476.jpg
もうため息しか出ません。

a0007906_14271652.jpg
前日の早寝のおかげで4時にはお目覚め。
何も考えず朝日が昇っていく様子を、会話もなくただひたすら眺めていました。

a0007906_14272765.jpg
私も何枚か撮ったのですが、今回はtomoの写真に軍配を。
↑2枚はtomo撮影です。

a0007906_14273638.jpg
お日様が昇りきったところでテントに戻りもう一寝入り。






今日はどんな一日になるのかな。






キャンプ場のちょうど反対側に車で移動してお散歩。
芝生の公園があったり、遊覧ボート乗り場があったり、ちょっとした観光地になっています。

a0007906_14274656.jpg
オーパスもミミズのミイラを見つけ早速ゴロンゴロン、楽しそうです(苦笑)

a0007906_1428280.jpg
湖畔にあるレストラン美里でランチ。
名付けて"大人のお子様ランチ"、美味しかったです。

テラス席、比較的早い時間で涼しかったのでギリギリOKでしたが
日中の酷暑の中では厳しいかもしれません。






キャンプ場のそばにある美笛の滝に行ってみました。

a0007906_14281225.jpg
結構なハイキングコースなのですが

a0007906_14282063.jpg
日頃の山散歩が大好きなオーパスにとってはご機嫌なコースです。

がっ!ここで事件が起きました。

どこからともなくくまんばち?スズメバチ?がやってきて
私にまとわりつき、なんと背中に止まってしまったのです。

ここで大騒ぎをすれば、きっと刺されてしまう。
私から離れたとしても、傍にいるオーパスをターゲットにしてしまったらどうしよう?

背中に気配を感じ、刺された?痛みを感じながら、走馬灯の様にいろいろな思いをめぐらし
冷や汗ダラダラ、全身汗びっしょりでその場から動けずにいるりり。

tomoはといえば、そんな私の様子を見ながら「動いちゃダメ」とアドバイスするのみ…。

結局事なきを得てハチは私から飛び立ち、その瞬間あわててその場を立ち去りました。
刺されたと思った背中は赤くはなっていたものの痛みはなく、刺されてはいなかった様です。

a0007906_14284481.jpg
滝を目前に、背中にハチが止まっている状態で写した滝の写真。
あんな状態でも写真だけは写しておかなくてはという自分の根性には呆れるばかりです。






a0007906_14285290.jpg
a0007906_1429019.jpg
キャンプ場に戻り、湖畔で遊んだり、場内を散歩したり
時間はゆっくり流れ、特別何をするでもなく過ごしました。

a0007906_1429852.jpg
ディナーはカレー。
今回のキャンプでの食事は、あくまでも簡単に手をかけず、です。
メロンは農家直売所で購入、一玉¥300、甘くて美味しかった~♪

[PR]
by riri00_ta | 2010-08-13 09:46 | お出かけ

8/2 そうだ、北海道に行こう! <vol.2>


前日の夜、9時前には就寝してしまった家族一同。
朝までぐっすり、目覚めも爽やかです。

a0007906_13171115.jpg
a0007906_13174477.jpg
a0007906_131848100.jpg
a0007906_1319571.jpg
オーナー自らニセコ周辺を案内してくれる
「早朝牧場ツアー」なるものに参加してみました。
ねぼ助オーパスの眠たそうな表情はご愛敬。

一面のひまわり畑に牧場、しぼりたての牛乳もいただきました。

口蹄疫の影響で一般の人は牛舎への立ち入りは一切禁止、現在搾乳体験は行っていないそうです。
オーナーの方が代表で皆の分の絞りたての牛乳をもらってきてくれました。



a0007906_13193019.jpg
オーナーのアルプホルンの吹奏。
好奇心旺盛のりりも挑戦!…でも、プーの音も出ず(苦笑)

a0007906_1320554.jpg
ツアーに一緒に参加したワンちゃん達。


a0007906_13202230.jpg
宿に戻った頃にはしっかり目も覚めた様です。




朝食をいただきチェックアウトをすませ…





遊河(ゆうが)さんのお世話になり羊蹄山から流れる尻別川での清流下りに挑戦。

a0007906_13203854.jpg
a0007906_13205080.jpg
a0007906_1321182.jpg
a0007906_13213337.jpg
前日の雨で水量も増していたようで
なかなか激しい流れの場所もあり、ちょっぴり激しいラフティング気分も味わえました。
私は下半身のみでしたが、tomoとオーパスはしぶきを浴びて全身びっしょり。

a0007906_13214350.jpg
a0007906_13215981.jpg
a0007906_13221211.jpg
途中浅瀬のある中州で川遊び。
パピーの頃、膝の治療も兼ねてプールに通った経験が活かされて?上手に泳ぐオーパス。

a0007906_13222462.jpg
遊河さんでは、川べりから撮ってくださった写真をCDにしてくださいます。
自分達では撮る事ができない写真、とてもいい思い出になりました。






次に向かった先は支笏湖。

a0007906_1454190.jpg
a0007906_13224998.jpg
a0007906_13224163.jpg
いよいよ北海道の醍醐味、キャンプです。
支笏湖畔に広がるキャンプ場、周辺では人気のキャンプ場の様です。

最近は高規格キャンプ場を利用する事が多くなっていた我が家にとって
久しぶりのちょいワイルド系のキャンプ場。

フリーサイトなのでどこにテントを張るか場内をウロウロ。
場所が決まるまで30分は要したでしょうか(苦笑)

a0007906_13225720.jpg
野生児オーパスは自然いっぱいで嬉しそう。

a0007906_1323440.jpg
目の前に広がる支笏湖の景色を眺めながらのディナー。
なんて贅沢なんでしょう。

a0007906_13231218.jpg
牧場ツアーや清流下り、テント設営など盛り沢山だった一日。
8時前(早っ!)には就寝。

[PR]
by riri00_ta | 2010-08-11 09:38 | お出かけ

7/31 そうだ、北海道に行こう! <prologue>


ずっと行ってみたかったオーパスと一緒の北海道。
とーっても楽しくて、思い出深い旅行のひとつとなりました。
長い長い旅行記になりますが、お時間のある時にでもご覧いただければ嬉しいです。






■ ■ ■ ■ ■


さて、北海道へ行く際の大きな問題は海峡越え。

飛行機にフェリー、優雅な寝台特急の旅といろいろな方法があるのですが
何せオーパスと片時も離れたくない…というか、離れられないtomo&りり。
おまけに北の大地でキャンプもしたいという思いもあり。

いろいろ調べて散々考えたあげく最終的にチョイスした方法
my carで東北道をひたすら走り、青森からフェリーで函館まで行きました!
8泊9日のtomo&りり&オーパス北海道の旅です♪


■ ■ ■ ■ ■






山ほどの荷物を車に積み込み、朝の7時に鎌倉を出発。
首都高を通り抜け東北道を目指します。

a0007906_10373563.jpg
初めて見たスカイツリー、田舎っぺりり、旅行気分も高まりご機嫌です。




東北道ではSAでオーパスのトイレ休憩をしつつ、tomo&りり交代で運転。
と言っても、ほとんどtomoが運転してくれました。

予定しているフェリーの時間の関係上
岩手県の松尾八幡平ICで東北道を一旦降りて一休みです。




a0007906_10374777.jpg
安比高原にあるむっていで一泊しました。
各部屋には宮沢賢治の小説の題名がつけられていて、とても居心地の良いペンションです。

a0007906_10374138.jpg
オーパスも寛ぎモード。
共同のお風呂以外はどこでもオーパスOK
もちろんダイニングルームもOKで食事に一緒に行けます。
(我が家の旅行においてこれはとても重要!)



夕食まで時間があったので近くにあるというドッグランに行ってみました。

a0007906_10375586.jpg
a0007906_1038781.jpg
a0007906_10381211.jpg
a0007906_10433470.jpg
a0007906_1038187.jpg
美味しい空気に緑豊かなラン。
大好きな草むらのドッグランにオーパスもテンションUP↑


a0007906_10382553.jpg
まわりには行ってみたい所も多い安比高原。

むっていはお料理も美味しくて
北海道への中継地点としてだけに利用するには勿体ない感じです。

[PR]
by riri00_ta | 2010-08-09 22:46 | お出かけ

7/10 素敵なcafe


こじんまりとした素敵なcafeでおデート。

a0007906_1541419.jpg
滅茶苦茶美味しいランチセットにはデザートもついていて二重丸♪

デートのお相手はBABY DEARの美人姉妹、ブリリアントちゃんとビジューちゃん。
せっかくのおデートなのにカメラを忘れてしまったため画像がありませーん(;_;)
(お料理はiPhoneで撮影)
お揃いのBABY DEAR新作OP姿の2ワン、と~っても可愛かったです。
オーパスとの3ショット撮らせていただきたかったなぁ…。
おデートリベンジ希望でっす!(笑)



a0007906_15411690.jpg
オーパスにも新作のサマーオールのシャーベットオレンジをゲット。
本当に本当に可愛くて可愛くて…親ばか夫婦、目じりが下がりっぱなし。






ブリ、ビジュ姉妹とお別れした後は中目黒へ。
車の調子をオートバックスで見てもらっている間F by design f + Cをのぞきに…。
トリミング以外での訪問にオーパスちょっぴり戸惑い気味!?

オーパス関連のお買いものは少し控えようと思いつつも
saleの赤い文字の誘惑に勝てず、またもやお洋服を購入(汗)

我が家のワンゲル係数、留まる事を知りませんllllll(-_-;)llllll





さて…ここでtomoとオーパスとお別れし

a0007906_15421382.jpg
虎ノ門にあるソムリエの田崎信也さんのフレンチレストランS
以前田崎真也さんにご紹介いただいてから、ちょうど1年がたってしまいました…早いなぁ。

a0007906_1542750.jpg
L会のお友達、yukiyoさんのお誕生日。
いつも笑顔が素敵でエネルギッシュなyukiyoさん。
yukiyoさんにとってこの1年も素敵な1年でありますように♪



a0007906_1542218.jpg
素敵な夜に乾杯♪
yukiyoさん、みっしーさん、ユミちゃん、楽しい夜をありがとね。

[PR]
by riri00_ta | 2010-07-19 16:32 | お出かけ

そして、リゾナーレに思うこと

本来あまり物事に怒りを感じたりはしない方なのですが
オーパスがらみになると、ついついムキになってしまいがちです。
けっして愉快な内容ではないのでバカ親が何か言っていると、どうかスルーしちゃって下さい。

事の始まりは母からの1本の電話。
「どこか高原に行ってのんびりしな~い?軽井沢なんてどうかしら~?」

行きたいと思ったら、すぐに行きたい母。
軽井沢の行きたいと思うお宿は既にどこもいっぱい。

それならば八ヶ岳方面で探してみましょうという事になり
梅雨の時期なので雨天でも楽しめ、のんびりできるところという事で
リゾナーレが候補にあがりました。
友達が利用した際の話を聞いていたので、正直よい印象はなかったのですが
改善されているでしょうという事で思い切って行ってみる事にしたのです。




チェックインの時間には早めだったのですが
荷物だけでも預かってもらいホテルでのんびり過ごしましょうとフロントに。

公共の場なのでオーパスをバッグに入れようとすると
大丈夫ですよ、どうぞ抱っこでいらしてください
とのスタッフのお言葉、好感度UP↑です。

早めですがお部屋のご用意はできているのでどうぞお部屋で過ごしてください
との事で、更に好感度UP↑です。






そして、夕食の説明を受けている時に…
本日は団体様がご利用になるのでワンちゃんはお部屋でのお留守番をお願いします。
えっ!?私達が利用する予定になっているYYグリルはペット同伴OKのレストランなのでは?
そもそもワン同伴で夕食が食べられるという事がリゾナーレをセレクトした理由のひとつです。
オーパスを部屋にお留守番させるのだったらホテルの選択肢はまだまだあったわけです。
その時の私は、かなりムッとした表情だったに違いありません。
フロントの方が慌ててYYグリルに確認をとり
8時30分でしたら団体様も帰られるのでペット同伴でご利用いただけます
との事だったので夕食の時間にはかなり遅かったのですが
仕方なく納得し8時30分に利用する事にしました。

私達が利用したのは朝食もしくはランチもついているプランだったので
合わせて翌日の朝食、ランチの説明も受けました。
朝食もしくはランチをお選びいただけるのですが
朝食でしたらテラス席をご利用いただく事になります
ランチでしたらワンちゃん同伴でも店内をご利用いただけます

との事でした。
私達は迷わずランチをセレクトしました。







さて…夕食の時間です。
レストランに行った頃は一旦やんでいた雨がまた降り出していました。
ワンOKエリアにはレストラン内は通れず外から回っていきます。
私達は雨が降っているにも関わらず
こちらです
と外に出る様案内され、濡れながら行きました。
ワン連れが来る事は周知のはず、なぜ傘のひとつでも用意する事ができなかったのでしょうか?
高齢の母や叔母も濡れながら小走りしていました。
それでも夕食時の出来事はまだ我慢できる範囲でした。





翌日、ピーマン通りや近くを散歩し、のんびり過ごした後にチェックアウト。
フロントの方やスタッフの方はとても丁寧に対応してくださり
昨日の夕食時の嫌な思いも水に流せるような思いでした。







楽しみにランチをしにレストランに行くと
ワンちゃん連れでしたらテラス席へどうぞ
とテラス席を案内されました。
店内はダメなのですか?と確認すると、やはりテラス席でお願いしますとの事。

この時点で私の堪忍袋の緒が切れました。
店内OKという説明を受けていたのですが、どういう事ですか?
ランチだったらワンも店内OKという説明を受けていたからランチを選んだのです。
昨日の夕食時の対応といい、いい加減にしてください!
(ごめんなさい。私、かなり感情的になっていました)
レストランのスタッフの方、慌ててどこかに電話。
多分フロントに確認したのでしょう。

ただ今すぐにお席を用意します
と店内の席を用意していただきました。

それなりに美味しいお料理だったようですが
はっきり言って私は全くどんな味だったか覚えていません。






余談?になりますが
確かに室内は綺麗に掃除され清潔感は漂ってはいたのですが
なんと室内中央にごきぶりのたまごが落ちていました。
エキストラベッドを利用していたのでエキストラベッドについていたのかもしれません。
オーパスがベッドの下だろうが何だろうが縦横無尽に走り回って遊んでいたので
その時にオーパスについて落ちたのかもしれません。
かなり不快な思いをしたのは言うまでもありません。
それにしても驚きでした。

そして、もうひとつ

チェックアウトの際に
メールを送信させていただくので率直なご意見をお聞かせください
と言われていたメールですが、送信されてきたメールは誠意も何も感じられない
利用者全員に自動送信される定型文のメールでした。






ピーマン通りは素敵だし、お部屋は広いし、その割には料金はリーズナブルだし…
だけど、どうしてもリピする気にはなれません。

恐らくフロントとレストランとの連携が全くなされていないのでしょう。

コストパフォーマンスにはとてもたけていると思うだけに
もったいないなぁというのが正直な感想ではあります。

確かにHPには“当日ワンのご同伴をお断りする場合もあります”という一文はあります。
その当日までワンと一緒に店内で過ごせるかどうかわからないなんて
ホテルの都合ひとつでOK or NGがその場で言い放たれるなんて
私的には予定のつけようもなく考えられません。






これはあくまで私の感想であって
ワンと一緒に食事が出来るという事にこだわらないのではあれば
それなりに利用してもいいと思える施設なのかもしれません。







a0007906_10533986.jpg
a0007906_10535137.jpg
a0007906_10535978.jpg
オーパスは旅行の間中楽しそうにしていたし
母も叔母も楽しかったと言ってくれているので、それだけが救いです。

[PR]
by riri00_ta | 2010-07-11 11:25 | お出かけ
line

2005年10月9日生まれ       いくつになっても           甘えん坊なやんちゃ坊主            トイ・プードル オーパスとの           何気ない毎日


by riri00_ta
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31