やんちゃ日記

riri.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:成長( 63 )

6/14 親離れ、子離れ


都会のオアシス?日比谷公園。

a0007906_10203630.jpg
新緑が眩しい松本楼のテラス席でランチ。

a0007906_10204559.jpg
そよ風が気持ちよく東京の真ん中にいる事を忘れてしまいそう。

a0007906_10205791.jpg
ねっ、オーパス!?




オーパスもランチタイム。

a0007906_10211133.jpg
「うまうまでしゅ~♪」

もちろんオーパスは色気より食い気、花より団子だね(* ̄m ̄)ぷっ






ランチを終えるとtomoは仕事へ。
私とオーパスはセラピードッグ訓練会へ。





訓練会では、いつかは立ちはだかるに違いないと思っていた大きな壁が待っていました。
今日のレッスン項目の中に何とホールディングマナーが入っていたのです。
セラピー活動の中で皆さんに抱いてもらうというものです。
(抱く側に負担がかからないようハンドラーの補助が必須になります)



オーパスは自ら遊ぼう遊ぼうと寄っていき
人も犬も何でも(笑)大好きで、かなりフレンドリーなほうだと思います。
が、何故か私とtomo以外の人に抱かれるのを極端に嫌がるのです。
私たち以外の人が抱こうとすると大暴れ。

もちろんレッスン中も大木先生が抱っこしようとすると大暴れ。
しまいには1メートルも離れていない私の元に戻りたいとキュンキュン鳴き出す始末(滝汗)




オーパスのこの一連の行動を見た大木先生が一言。

うぅ~ん・・・これは6ヶ月くらいまでの行動だなぁ~

セラピー活動から離れて考えても、この行動はオーパスのためにもよくないとの事。
よくないよねぇ~とはずっと思ってはいたのです。
思ってはいたもののスルーしてきてしまっていました。

この子を見ていると、おうちでの溺愛ぶりがよくわかるよ~
親離れ、子離れが必要だね
この子は順応性が強いからすぐにできるよ
問題はお母さん、子離れのほうが難しいんだよ~っ!


おっしゃる通りです。

みんなに可愛がってもらうのが大好きなこの子
この子はより多くの人に可愛がってもらうようにしたほうがいいよ


そうなんですね。






a0007906_14423050.jpg
訓練会のお勉強も楽しくて仕方ない様子のオーパス。
大木先生にgood boyと褒められるとごっ機嫌です。


溺愛・・・耳が痛いです。
愛情たっぷりは大切なことだけれど、それに溺れてしまってはNGですよね。

[PR]
by riri00_ta | 2008-06-19 08:54 | 成長

4/23 病院大好き


この日はいつもと違うコースのお散歩。

a0007906_20292375.jpg
こ~んな素敵な遊歩道があるこのエリア。
まわりは高級住宅街、素敵なお家を眺めながらのんびり歩くのが大好きです。



たっぷりお散歩を楽しんだ後に向かった先は病院です!
この日は狂犬病の予防接種に行ってきました。

膝蓋骨脱臼の治療のために都内の病院に通っていますが
ワクチンや狂犬病の予防接種、フィラリアのお薬は地元の病院でお願いしています。



都内の病院へは早くても1時間半の道のり。
やはりいざという時のためにオーパスのことをわかってくださる先生が
そばにいてくれのは心強いですもんね。

地元でお世話になっている先生もとても親身になって診てくださる先生です。
もちろんレーザー治療に通っていることもご存知ですし
膝蓋骨脱臼でお世話になっている先生のこともご存知だそうです。




幸いな事にオーパスは地元の病院も大好き。
膝の事以外はいたって健康なので注射の時くらいしかお世話にならないのに
何でこんなに病院が好きなのか不思議で仕方ありません。

尻尾ブンブンなオーパスを見て看護婦さん方も
「なんでこんなに病院が好きなんでしょ~」と珍しがられます。




この日もご機嫌なまま注射を終えました(笑)

a0007906_2029894.jpg
注射を終えてパチリ。
なんでこの笑顔なのか不思議だわぁ~・・・。




a0007906_20294496.jpg
「チックンしたでしゅ~」

[PR]
by riri00_ta | 2008-04-28 10:24 | 成長

3/8  osanpo会@鎌倉 ~ハイキングの巻~


台風だったり大雨だったりで延期になり続けていたosanpo会のハイキング。
念願がかなってやっと決行することができました。


a0007906_2155746.jpg
ワン用のお弁当の準備もOK、しらすとおかかのおにぎりです♪


a0007906_2161292.jpg
集合場所の建長寺山門前に続々とお友達到着。
オーパスが兄貴として慕い続けているMURI君もリュックをしょって登場♪



ハイキング日和の快晴に自然と気分も盛り上がります。



天園ハイキングコースは建長寺の裏山から入ります。
(勿論いろいろなアプローチの仕方はあります)

a0007906_2162854.jpg
拝観料を払い建長寺へ。
ちなみに建長寺の境内はワンOK。
当然のことながらリードは短めに持つ・排泄物は持ち帰る等のルールはしっかり守りましょう♪





a0007906_198615.jpg
オーパスの足がよくなりますように・・・
困った時の神頼みなのですが、こういう場所に来ると願わずにはいられません。

a0007906_2163778.jpg
お線香の煙が不思議で仕方ない様子の翼君・光君兄弟にオーパス。





a0007906_2164942.jpg
a0007906_2165844.jpg
みんな、どんなことをお願いしたのかなぁ~(^^♪





さあ!いよいよハイキングコースへ!!

a0007906_217812.jpg
しょっぱなに登場する心臓破りの階段に一同ギブアップ寸前(笑)


a0007906_2171991.jpg
「ぱぱまま がんばるでしゅ」
そうなんです、ワン達は階段なんて何のその、元気いっぱいなんです。



a0007906_2172984.jpg
でも、こ~んな爽快な景色を見ることができるのだから頑張り甲斐もあるというもの!?
遠くに見えるは由比ガ浜の海です。





a0007906_2173827.jpg
a0007906_2174898.jpg
急な坂道を登ったり、ワイワイガヤガヤお喋りしながら歩いたり
ワン達の面白仕草に大爆笑したり。



a0007906_218436.jpg
狩猟犬たる祖先の血が騒ぐのでしょうか。
ワン達も生き生きMAX状態。

そ~んな楽しそうなワン達の様子にパパママ達の笑顔も絶えません♪


いつもお世話になっている
3doglifeさんのお家の小次郎君もTAROさんと一緒に参加です♪




さて・・・忘れてはならないのが
今回のハイキングはあくまでもosanpo会でのハイキングということ(笑)

危険も一杯の山道だからこそヒールやアフターが大事です。
パパママ達、ヒールとアフターを駆使して歩いていました。
アフターを全く教えていない我が家は滝汗です。




a0007906_2175681.jpg
そして一同面白いことに気が付きました。
かなりハードな場所もあるハイキングコースなため
パパママ達は自分が転ばないように歩くのが精一杯だったりな時もあります。

そんなときの我が子はというと・・・
しっかりパパママを見て、パパママの足元を見て、ヒールしているのです。
パパママにヒールしていれば大丈夫という信頼関係の賜物でしょう。



a0007906_2192388.jpg
こ~んな場面ではへっぴり腰のパパママに呆れ
スイスイ先を降りていこうとする姿も見られたりもしましたが・・・(苦笑)
群を抜いて素晴らしい歩きを見せていたのは、やはりお凛ツンでしょうか。





お待ちかねのランチタ~イム♪

a0007906_218322.jpg
お一人様一品の持ち寄りです。
「テリー伊藤のお兄さんの玉子焼き」や鎌倉のお豆腐屋さんの揚げ物。
「みちこさんの浜焼き鯖寿司」に手作りおにぎり、美味しそうな品々に一同目がキラキラ☆☆☆


a0007906_2184318.jpg
ワン達もumaumaタイム♪
ラコタちゃん、美味しそうだね!

このランチの時のワン達のポジショニングも、後のお疲れ様会でしっかり指摘を受けました。
決してワンを自分の前にしない、自分の横、もしくは後ろです。







咽喉も潤い、お腹も一杯になったところでもうひと頑張り。

a0007906_2185785.jpg
a0007906_219116.jpg
ワン達も人間達も本当によく歩きました。




a0007906_2193410.jpg
「ハイキングでしゅ♪」
(やっぱりオーパス、デブふくよかだわ~・・・)





到着地点の鎌倉宮には
a0007906_195047.jpg
身代わり皿というものがあります。

この素焼きの小皿に息を吹きかけ
身代わり石なるものに投げて粉砕させると厄除けになるのだそう。


a0007906_2194265.jpg

a0007906_2194978.jpg
早速厄除けに挑む美女ママ3人(笑)
この後、翼パパさんも・・・この日いろいろあったものね~(苦笑)






a0007906_2195812.jpg
お凛ツン、可笑しすぎ(爆)

a0007906_2110799.jpg
もう

a0007906_21102172.jpg
春は

a0007906_21111312.jpg
そこまで来ていますね~。





a0007906_21121240.jpg
みんな頑張ったね!!

a0007906_21122563.jpg
「ぼくもがんばってあるいたでしゅよ」 byラコタ


そして・・・
[PR]
by riri00_ta | 2008-03-10 19:28 | 成長

感謝の気持ちでいっぱいです!

暖かいコメントの数々をありがとうございました。
こんなに沢山の方々が応援してくださっていると思うと
これからの治療も頑張っていかなければと励みになります。

自分に甘くダメダメな私達ですが、これからも見守っていただけたら嬉しいです。
完治しました~♪という報告ができるその日まで頑張ります!
[PR]
by riri00_ta | 2008-02-13 19:09 | 成長

オーパスの膝蓋骨脱臼

オーパスの膝蓋骨脱臼の治療の経過です。
何だかダラダラとまとまりなく長くなってしまいました。
よろしかったらお付き合いください。



オーパスは某大手ペットショップから迎えました。
ガラス張りの広い空間で犬種も問わず犬も猫も楽しそうに遊んでいるパピーたちの姿を見て
迎えるならここからがいいかしら~と漠然とではありましたが思っていました。
そんなある日、たまたまショップの人と話していたところ

昨日きたばかりで、まだショップに出していない子ですが・・・と
奥から連れてこられたのがオーパスでした。


初めてオーパスと会ったとき
この子は先天性の膝蓋骨脱臼のグレード2で今のところ日常生活に支障はないけれど
この先治療が必要になるかもしれないし
手術をしなくてはいけなくなるかもしれませんという説明を受けました。


オーパスと一緒に紹介してもらった兄弟は健康そうな子でした。


健康で元気いっぱい、何の問題もない子を望んでいたのは言うまでもありません。
嫌な言い方ですが選ぼうと思えば選べたのです。
でも・・・あの時、オーパスと会った瞬間
この子の生涯はどんなことがあっても私が責任を持つ!と思ったのです。
何故あの時そんな思いになったのか不思議です。
これが運命と言うならば運命だったのでしょう。




a0007906_1173177.jpg
オーパスを迎えたのは冬の寒い日でした





オーパスは膝蓋骨脱臼を除いてはいたって健康で、病気という病気はしたことがありません。
なので病院にかかることはほとんどありませんでした。
それでも、ワクチンや狂犬病、フィラリアの薬をもらいに
病院に行くたびに膝蓋骨脱臼のことは相談しました。

3ヶ所の病院で
「日常生活を気をつけて1歳までに症状が出なければ大丈夫でしょう」
と診断されてきました。

その言葉を信じ、どうか症状が出ませんようにと祈るような思いで
膝に負担がかかるようなことは一切させないよう注意して生活してきました。




a0007906_11351036.jpg
関節にいいというサプリメントもずっと飲ませてきました


a0007906_11353476.jpg
膝にいいと聞いてプールにも通いました






オーパスはスクスクと成長し何の症状も出ないまま1歳の誕生日を迎えることができました。

a0007906_11355695.jpg
Special Thanks to シャンプーパパ







私は胸をなでおろし、膝蓋骨脱臼が治った気にさえなりつつありました。
そんな頃、翼ファミリーと出会いました。
お気楽に考え楽観視している私を諭すように
膝蓋骨脱臼についていろいろ教えてくださった翼ファミリー。
翼君も膝蓋骨脱臼で通院し苦労された経験をお持ちだったのです。

翼君が診てもらっている病院は
膝蓋骨脱臼に関してもとても詳しいので一度診てもらっては?
というアドバイスをいただき一度診てもらうことにしました。




診察結果は衝撃的なものでした。
治っているどころか、グレードは2~3でむしろひどくなっていました。
治療の経過をみてからの判断になるけれど
やはり手術が必要かもしれないということでした。
症状は出ていなかったし、とても元気だったので
何の問題もないと思っていたのは大きな間違いでした。



症状が出ていなかったのは、先天性で生まれたときからのものなので
自分の中で上手く折り合いをつけ症状を出さないようコントールして生活してきたのでしょう。
痛みはともなっているはずですよ。
生まれたときから付き合ってきている痛みなので
痛みを痛みと認識していないのかもしれませんが・・・。



診察を受けているときは我慢しましたが、帰りの車の中では涙がとまりませんでした。
オーパス、ずっと痛かったんだ・・・。



確かにオーパスは遊んでいるときもランで走っているときも動きがにぶいところがありました。
そんなオーパスを勝手にこの子は運動神経の鈍い子なんだときめつけていました。
痛くて激しく動けなかった・・・ということなの?




この日から週1回のレーザー治療のための通院が始まりました。
自宅では毎日朝晩片足200回ずつ、両足で400回の屈伸運動です。


通常の散歩等の運動では足の外側の筋肉しかつかないとのこと。
この屈伸運動によって内側に筋肉をつけ
筋肉によって脱臼状態にある骨を通常のあるべき場所にもっていくという治療です。
治療が順調で成果が出れば手術はしなくてすむのです。
朝晩400回の屈伸運動なんて何のその・・・です。


もちろん外側の筋肉も大切なので日々のお散歩もかかせません。




レーザー治療を始めて8ヶ月がたちました。




昨年末、経過も順調で忙しいかったこともあり
屈伸運動も通院も疎かになってしまった時期がありました。
久しぶりに先生に診てもらったところ・・・先生は触診しただけで
通院も屈伸運動も疎かにしてしまっていることが一目瞭然にわかってしまいました。
筋肉は堅くなり、きちんと収まりつつあった膝も、またゆるゆるになってしまっていたのです。

寒い時期は筋肉も硬直しがち。
今が肝心、頑張りどころなんだよ。
冬になる前にいい状態に持っていきたかった・・・と叱られてしまいました。
手術が必要になってくるかもしれないとまで言われてしまいました。


どうしても必要なら手術も仕方ないとは思います。
でも、避けれるものなら避けたい。


その日を境に再び屈伸運動を頑張り、治療にもまじめ(笑)に通いました。



おかげさまで経過はとても順調でグレードも1に下がり
週1のレーザー治療が2週に1度になりました。
この状態で行けば手術もしなくても大丈夫でしょうとのことでした。



運動神経が鈍いなんてとんでもない。
今ではピョンピョンうさぎのように跳ね回っています。
空中でヒョイっと向きを変えちゃうようなアクロバットな動きもするようになりました。
2歳を過ぎた今でもやんちゃっぷりは増す一方です。

やっぱりかけっこは遅いようですが・・・(苦笑)



a0007906_121358.jpg
a0007906_1215588.jpg



そんなやんちゃっぷりが嬉しくて嬉しくて仕方ありません。






今通っている病院と出会う前にお世話になっていた病院の先生方も
とても熱心な先生ばかりで大好きでした。
オーパスの病院好きは、今まで診てきてくださった先生方が
暖かく接してくださったおかげだと思っています。



でも・・・



もし膝蓋骨脱臼と診断を受けたことがあったり
膝がゆるいと言われたことがあったり、ケンケンすることがあったりの場合
是非一度、膝蓋骨脱臼に詳しいと言われている先生に診てもらってみてください。
(今お世話になっている病院でよろしければ、いつでも喜んで紹介させていただきます)

現在症状が出ていなくても
年老いて筋肉の力が弱くなってから急に症状が出て
歩けなくなってしまう子もいるそうです。
治療を始めるのが早ければ早いほどよくなるのも早いそうです。
オーパスももう少し速く来てくれていれば・・・と言われました。
逆に今の段階で来てくれてよかったとも言われました。



病院を紹介してくださった翼ファミリーの翼君は1年半の通院を経てすっかりよくなり
膝蓋骨脱臼には厳禁のアジリティができるようにまでなりました。




a0007906_1131580.jpg
Special Thanks to 翼ぱぱ




オーパスをはじめ
どのワンちゃんも最後のときを迎えるその瞬間まで
自分の足で元気に歩いていて欲しいという思いでいっぱいです。



a0007906_113050100.jpg
Special Thanks to 翼ぱぱ


まだまだ道半ばの闘病記ですが少しでも皆さんの参考にしていただければ嬉しいです。



最後まで読んでくださってありがとうございましたm(_ _)m
[PR]
by riri00_ta | 2008-02-09 12:27 | 成長

1/5 優しい母、強き母


特定非営利活動法人ラブラドール社会福祉協会の主催
国際セラピードック協会で行われているセラピードッグ訓練会中級に参加してきました。
このセラピードッグ訓練会に参加するにあたって積極的だったのは珍しくtomo。
去勢手術もしてしまっているし、オーパスに生きがいを与えたいということらしいのです。
男の人の思いからすると去勢手術をするということは特別なことなのかしら・・・!?






a0007906_19185545.jpg
「どこにおでかけでしゅか?」


電車で会場の銀座まで。
キャリーバッグにすっかり慣れたオーパス。
電車での移動にも自信がついてきました♪




■■■■■







セラピードッグの活動が果たしてオーパスにとって生きがいに成るのかどうか。

何と言ってもスーパーやんちゃ坊主のオーパス。
好奇心旺盛で遊ぶこと大好き
静かなときは寝ているときか食べているときか悪戯(汗)をしているときぐらい。
2歳を過ぎた今でもそのやんちゃっぷりは衰えを見せません。
お約束事の多いセラピードッグが果たして務まるかどうか・・・。
逆にストレスになってしまうのではないかしら・・・。





フリーラウンドからレッスン開始。
自由に歩きながら通常歩行、早足歩行、ゆっくり歩行、お座り、ふせ
すれ違う際の他の犬への反応、ハプニングに対する反応の再確認をしていきます。
そうしていくうちに場に慣れ、人に慣れ、他犬に慣れ落ちついていくとのこと。
中級も上級も毎回必ず10分間行うそうです。

中級以上はリーダーウォークが出来ることが大前提。
リーダーウォークもさることながら、人を見ると遊ぼう攻撃
他犬を見るとご挨拶がしたくて仕方ないオーパスにとって既にハードル高し
冷や汗ものです。

そして、更なる冷や汗。
この日は車椅子のと並列歩行のレッスンだったのです。
前回初級に参加させていただいた際
初めて見た車椅子に小さい声ながらも「ウォッフ」と吠えたオーパス。
どうにも苦手だったようなのですが・・・。



この車椅子との並行歩行ですが
車椅子を利用されている方が犬と一緒にお散歩することによって
自分自身でリードを持ってみたくなり、自分の足で歩いてお散歩がしたくなり、
リハビリに積極的になり、歩けるようになる方も少なくないのだそうです。



私の不安が伝わってはいけないと努めて明るく振舞い
「車椅子と一緒、楽しいねぇ~♪」とずっと笑顔で話しかけ続けていたのが功を奏したのか
最初はかなりへっぴり腰だったものの、どうにか車椅子と一緒に動くことができました。

私が実際に車椅子に座りオーパスを連れての移動もちょっと体験してみたのですが
これがなかなかで、私を一生懸命見ながら
車椅子の動きと速度に合わせてチョコチョコと歩くのです。
我が子の一生懸命ぶりにちょっと感動してしまいました。



一緒に参加したルビーちゃんとMaruちゃん

a0007906_19181792.jpga0007906_19183184.jpg
2ワンとも頑張っていたね。





さて・・・




オーパスの向き不向きの問題ですが、正直それはまだわかりません。
ただひとつ感じたことは、何かをした後、その都度滅茶苦茶褒めてあげるのですが
その時のオーパスの喜びようったらすごいのです。
日常生活の中では大げさなくらい滅茶苦茶褒めてあげることってあまりなかったので
すごく、すごく嬉しいのかもしれません。


一緒に参加されたMaruちゃんのママ、pintaさんが
「オーちゃん、すっごく得意気な顔をしているね。
ぼくすごいでしょ、褒めて褒めてっ!って言っているみたい」と。





セラピードッグになるためには40ある項目をクリアしなくてはなりません。
高齢者の方や障害をお持ちの方がいらっしゃる施設に
うかがうわけですからお約束事も多いです。
例えばオーパスで言うならば遊ぼう遊ぼうとピョンピョン飛びつくのは厳禁です。
(オーパスは誰にでもピョンピョンしてしまいます)
決してさせてはいけません。
ただ・・・セラピー中ではNGでも私生活ではOKなのです。
そのON、OFFに切り替えが難しいのでは?そう思ってしまうのですが
ママがセラピー中は毅然とした態度で凛とすれば
自然とワンもスィッチが入りシャキっとするそうなんです。
普段は甘えさせてくれる優しい優しいママ、セラピーのときはキリリと強いママ
この切り替えが大事なようです。



褒められて大喜びのオーパスの姿を見て
オーパス、もしかしたら大丈夫かもしれない、出来るかもしれないとちょっと思い
月に一度のレッスン、頑張ってみようかなぁ~なんて思った年明けでした。






上級のワンちゃん達。
a0007906_1919777.jpg
近々現場での実習に入るようです。
ワンちゃん達の自信に満ちた態度はもちろんのこと
感動したのはママ達の毅然と接する凛としたかっこよさです。



a0007906_19175192.jpg
「ぼく おりこうでしゅよ♪」

[PR]
by riri00_ta | 2008-01-12 10:41 | 成長

11/10 お散歩会in鎌倉


月に一度のお散歩会。
お散歩会のときは毎回雨。
なぜ?どうして?お散歩に行きたいよぉ~!
またもや直接我が家に集合してのお散歩会となりました。

いつも新しい発見があるお散歩会。





1回目はアクシデント
2回目はハプニング
3回目でラーニング

ローマは1日にしてならず、育犬にも言えることですね。
飼い主の地道な努力と気長に向き合おうというおおらかな気持ちが必要のようです。
わかっているつもりでも目に見えた結果をすぐに求めてしまおうとしてしまう。




そして、どんなことでも出来ないのではなく教えていないだけ。
家では出来るのに外では出来ない、その逆もまたしかり。


これもまた耳が痛いお話です。


「待て」ができない、「ついて」ができない、「○○」ができない。
出来ないのではなくて「待て」はどういものか、「ついて」はどういうものか、「○○」はどういうものか・・・
中途半端な教え方しかしていないので、何をしていいのかわからないだけなのです。

もう一度コマンドを見直す必要がありそうです。


レッスンの中でオーパスは
「おいなり」でも「おにぎり」でも「おすわり」をしました。
これではきちんと「おすわり」を理解していることにはなりません。

でるはため息ばかりなり・・・ですね。




3doglifeさんの愛犬はウィンクでお座りをするそうです。

な~んてかっこいいのでしょう。

私も~っ!なんて思ったのもつかの間
そんなにかっこよくウィンクなんて出来ない自分に気が付いたのでした(笑)

[PR]
by riri00_ta | 2007-11-10 00:00 | 成長

11/3 セラピードッグ訓練会


以前makipikaさんが参加してとても勉強になったというセラピードッグ訓練会
一般の家庭犬も参加させてもらえるというので、りり&オーパスも参加させていただきました。


盲導犬などは日本でもすっかり認知度も高くなってきましたが
セラピードッグに関しては、耳にしたことがる程度の方が多いのではないでしょうか。
私もそんなひとりです。


セラピードッグは老人施設や病院、障害者施設、児童施設の現場などで
高齢者の皆さんや障害者の皆さんと触れ合い、症状に合せたセラピー活動を行っています。




会場には犬種も様々な大勢のワン達が既に集まっていました。

どんなに大きなワンちゃんでも物怖じせず挨拶にいき遊ぼう攻撃をしていたオーパスですが
最近はすっかり臆病になってしまい大型犬には近づかなくなってしまっています。
また、元のオーパスに戻らないかしら~・・・かすかな期待を胸に会場へ。

a0007906_19382695.jpg
「きょうは おべんきょうでしゅ」




偶然にもお隣は大型犬、ダルメシアンのドルチェちゃん。

a0007906_19383695.jpg
早速挨拶をすませ、なかなかいい感じです。




国際セラピードッグ協会の代表を務めていらっしゃる大木先生のお話をうかがったあと
セラピードッグが入場しデモンストレーション。

a0007906_19384547.jpg



このセラピードッグたち、捨て犬で殺処分寸前だったそうです。
皆首輪がついていたというこの子たち。
飼い主たちはいったいどんな理由でこの子たちを見捨てたのでしょうか・・・。

そんな子達が身体の不自由な方やお年寄りの手助けをしているのですから皮肉です。








a0007906_193983.jpg
セラピードッグ協会ではコマンドは全て英語。
日本語のイントネーションに比べると犬にとって聞きやすく理解しやすのだそう。


我が家では基本的にコマンドは日本語。
オーパスを迎える際に家族会議(笑)開いて
コマンドは英語にするか日本語にするか話し合ったのですが
ダーリンのたっての希望により日本語に。
(仕事では英語を使っているのにね(笑))





一番心配だった点。
セラピードッグをすることによって犬に負担がかかりストレスになるのではないか。

確かにたくさんの訓練を受け、セラピー中はきちんとコマンドを守らなければいけませんが
家庭犬に比べると褒めてもらえる回数も数倍。
お仕事を与えてもらい、それをこなした充実感と褒めてもらった喜びは計り知れないとのこと。

デモンストレーションに登場した犬たちを見ると、それは一目瞭然。
どのワンちゃんも澄み切った瞳でとても穏やかな表情なのです。


さあ、オーパス、どうしようか!?


[PR]
by riri00_ta | 2007-11-03 00:00 | 成長

10/27 お散歩会in鎌倉

今回のお散歩会、と~っても楽しい企画を予定していたのだけれどなんと台風!
その企画は残念ながら延期ということで、早速我が家に集合してお勉強開始です。


新たなゲームも加わり盛りだくさんの内容。
この日は甘々ダーリンがオーパスのリードを持って参加。
私の心配をよそにチェックの入れ方、コマンドの出し方、大変頑張っておりました。
ダーリンも回数を重ねていくごとに何かを感じ学びとっているようです(笑)
何となくわかってきたと嬉しそうな表情のダーリン。
ダーリンもオーパス同様褒めて育てましょう♪
頑張れ~っ!

って、頑張れ~っは私にも言えることか(笑)



一応の区切りでお勉強会の部は終わってもまだまだお勉強は続きます。



お酒&お食事タイ~ム♪


実はこの宴会(笑)の時にも素晴らしいアドバイスやヒントをいただけたりするのです。
だから私はこの宴会タイムがだ~い好き。


そんな中で興奮に関するお話がありました。
犬が興奮状態MAXまで行ってしまうとどんなに優秀な訓練師でも治めることは出来ない。
(遊びにしても威嚇にしても吠え(吠えの場合はまた奥が深そうですが)にしても
どんな状態でも言えることのようです)

まして犬自身で治めることは不可能。
なのでそうなる前に止めて治めてあげる必要がある。
そして飼い主は自分自身が我が子を治めることのできる
興奮状態のボーダーラインを知ることがとても大切だと。




ブログでも何度か愚痴らせて紹介させていただいてきたが
オーパスはお友達の家に行ってもドッグランに行っても
興奮状態MAXに近くなるまで遊び続けるところがる。
そうなる前に私達が治めてあげなければいけないのだけれど
気が付いたときは時既に遅しで治めるのにかなり苦労してしまうことが多々ある。
オーパスのボーダーラインをしっかり把握して私達がしっかりコントロールしてあげれば
オーパスももっと楽しく過ごせるのだろうなぁ~・・・と反省。





やんちゃな子はやんんちゃなままに
それを飼い主がうまくコントロールしてあげればいいじゃない

3doglifeさんからいただいたお言葉。

私は今までずっーとオーパスのやんちゃっぷりをどうにかしたいと思い、
落ち着いた子になってくれることをひたすら願い目標にしてきたようなところがある。
そうか・・・やんちゃなままでいいのか・・・と
長いトンネルの出口が見つかったような気持ちになった。
飼い主がうまくコントロールするという大きな課題を背負ったけれど・・・
(この課題、奥が深く難しいぃぃぃ・・・)




飼い主によっても、悩んでいる内容によってもその都度触れる琴線は違うと思うけれど
本当に毎回多くのことを学ばせてもらえるお散歩会です。


そうそう・・・
光君とオーパスはお友達やパパママの行動をよく見ていて
次は自分の番かな?どうすればゲームに参加できるかな?とワクワクで
この場にいることが楽しくて仕方がない様子だというお言葉もありました。
四谷のお散歩会でもそうだったみたいだし
好奇心旺盛なところがプラスに出たのでしょうか。


3doglifeさん、台風の中遅くまでありがとうございました。

遠いところ鎌倉まできて一緒にお勉強してくれるお仲間にも感謝です。



今月もありがとうございました。
来月もよろしくお願いしま~す♪




a0007906_148874.jpg
「むずかしいおはなし しているママでしゅが
ハロウィンパーティーしゅるといって かじゃりつけ たのししょうにしてたでしゅ
あしょぶのが だいしゅきなママでしゅね」

[PR]
by riri00_ta | 2007-10-27 00:00 | 成長

10/8 翼君とオーパスのお誕生日会♪


お誕生日前日の10月8日に

a0007906_101203.jpg
やはり10月生まれの翼君と一緒のお誕生日会をしました。

a0007906_102217.jpg
翼君、オーパス、お誕生日おめでと~♪



会場は翼&光家。
a0007906_1023017.jpg
とっても可愛くデコレーションされたお部屋と美味しそうなお料理の数々に感動。

a0007906_1032689.jpg
「ぼくのおうちでパーティーでしゅ♪」

a0007906_1024023.jpg
自然と気持ちも盛り上がってきます。





a0007906_1025035.jpg
美味しそうな翼ママさんお手製のワンご飯。

a0007906_103463.jpg
Makipikaさん&トモリンさんからのプレゼントのお誕生日ケーキ。
可愛くて、可愛くて、食べるのがもったいなぁ~い!

a0007906_1034467.jpg
翼家の次男坊、光君。
今日はお兄さんの翼君が主役ね。

a0007906_1035858.jpg
MAURI君

a0007906_104920.jpg
凛ちゃん

a0007906_1042021.jpg
Maruちゃん

a0007906_1042970.jpga0007906_104407.jpg
Cocoa君、Chiffonちゃん



a0007906_105195.jpg
楽しい1日をどうもありがとう。
(凛ちゃんが半分しか写ってないのぉ~・・・ごめんなさい)





はしゃぎ過ぎたオーパスは
a0007906_1051131.jpg
いつものごとくネムネム。
2歳のお誕生日、どんな夢を見ているのかな♪






いろいろと準備をしてくださった翼パパ&ママさん、
忙しい中かけつけけてくれたmakipikaさん、トモリンさん、pintaさん、ちえさん&パパさん
とっても楽しくて思い出に残る1日になりました。
どうもありがとうございました。
[PR]
by riri00_ta | 2007-10-09 00:01 | 成長
line

2005年10月9日生まれ       いくつになっても           甘えん坊なやんちゃ坊主            トイ・プードル オーパスとの           何気ない毎日


by riri00_ta
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31